ビタミンC豊富なキャベツ

ビタミンC豊富なキャベツ

何をやらせても不器用な私なのですが、キャベツの千切りだけはちょっと自信があります。私が手で千切りしたキャベツを、器械で刻んだものと間違えられたときはすごく嬉しかったです(*^_^*)

そのくらい千切りが上達してしまうほど、頻繁にキャベツを食べているということ。1ヶ月のうち、キャベツを食べない日を数えた方が早いかもしれません(笑)

キャベツは、豊富なビタミンCの持ち主。美肌を目指す女性にも、ぜひ積極的に食べてもらいたい野菜です(^^)

推奨されている1日当たりのビタミンC摂取量は、成人男女だと平均100mg。キャベツ100g当たりに含まれるビタミンCは、平均44mg。キャベツの葉の重さは大きさなどによっても違いますが、大きめの葉1枚で1日に必要なビタミンCの半分ほど摂れてしまうことになります♪

煮たり炒めたりして加熱をすればカサが減って、量も多く食べられます。でもビタミンCは熱に弱いので、できれば生のまま食べたいところ(>_<)葉が固いキャベツはちょっと食べづらいかもしれませんが、柔らかければ1枚くらいなら生のままでも食べられると思いますよ。

キャベツの中で一番ビタミンCが多く含まれているのは、表面の緑色が濃い部分だと言われています。その次が芯の周囲だというので、芯の部分も捨てずに食べたいですね♪私はキャベツの芯も好きなので、細く切ったり小さく刻んだりして、葉と一緒に食べてしまっています(^^)

キャベツは食べるだけじゃなく、パックとしても使えます。キャベツの葉パックは、ニキビで悩んでいる脂性肌の人に効果的です。ニキビが気になる部位を、よく揉んで柔らかくしたキャベツの葉で30分ほどパック。一度だけでは効果を感じないかもしれませんが、毎日続けることが大切です。

キャベツのしぼり汁を、ニキビが気になる部分に塗ってもいいようですよ(^^)キャベツが嫌いで食べられない人は、そんな風に活用してキャベツの美容効果を得てみてはどうでしょう?

脱毛裏ワザ・東京

柿はかんきつ類以上

キレイな肌を維持するために、ビタミンCを豊富に含む食べ物を意識して食べている人も多いと思います。水溶性のビタミンCは、水や熱に弱い。水にさらすと溶けてしまうし、熱を加えると壊れてしまいます。

そんなビタミンCを効率よく摂取するには、果物がおすすめ。実を直接水で洗ったり加熱したりせず、果物なら生のまま食べられるので、ビタミンCを損なうことなく摂取できます(^^)

ビタミンCが豊富な果物といえば、酸っぱみがあるイメージ。みかんやオレンジなどのかんきつ類を思い浮かべるのではないでしょうか?それらにビタミンCが豊富に含まれていることは確か。でもあまり知られていないようですが、ビタミンCの多さなら柿も負けていません。

100gの柿に含まれるビタミンCは、70mg。かんきつ類の果物はどうか?ゆずが100gで150mgと、柿に比べると倍以上のビタミンCが含まれています。そして同じく100g当たりだと、ネーブルが60mg、きんかんが49mg、はっさくが40mg、グレープフルーツが36mg、温州みかんが35mg。

なんと驚いたことに、かんきつ類の中で柿より多くのビタミンCを含んでいるのはゆずだけで、他は柿の半分ほど。レモン100gには100mgのビタミンCが含まれていますが、それほど多くの量を食べることはあまり無いですよね(^^; 酸味は一切なく、甘くておいしい柿にこれほど多くのビタミンCが含まれているとは意外でした。

ちなみに、中くらいの柿だと正味150g~200gほど、温州みかんは正味50g~100gほどです。

柿は固いものよりよく熟した方が、甘味も増しておいしいですよね(^^)固い柿が好きだという人もいますが、どちらかというと完熟した方を好む人が多いのでは?完熟した柿のビタミンCは、熟す前の半分以下になってしまいます(>_<)干し柿にしてしまうと、さらにビタミンCは激減。ビタミンCの摂取が目的なら、柿は固いうちに食べましょう。

干し柿だとビタミンCは期待できませんが、その代わりβカロチンは甘柿の3倍以上!βカロチンには細胞を活性化する効果があるので、ガン予防やアンチエイジング対策には役立ちます。

手の甲脱毛