健康的なバストを保つために

健康的なバストを保つために

ダイエットをしたら脂肪を落としたい部分は痩せず、胸だけが小さくなってしまった経験がある人も多いのでは?皮肉なもので、目的の場所は痩せづらく、保ちたいバストは一目散に落ちてしまうんですよね(;_:)

特に、無理な食事制限や単品ダイエットでは、バストだけが小さくなるという事態が起こりがち。それを避けるには、しっかり食べることが大切。ダイエットには食べすぎももちろん良くありませんが、同じように食べなさすぎも禁物です。

キレイなバスト維持に貢献してくれる食べものがあることを知っていますか?健康的なバストを保ってくれるといわれている食べものは、アブラナ科の野菜です。…と言われても、アブラナ科って何?って思いますよね(^^;

アブラナ科の野菜には、カリフラワー・キャベツ・ブロッコリー・カブ・小松菜・大根・青梗菜・白菜などがあります。キャベツは炒めもの、大根は煮物、白菜はお浸し、カリフラワーやブロッコリーは温野菜などなど…普段よく食べるものも多いですよね♪

バスト維持に必須といわれているのが、ビタミンC。それがこれらの野菜には、豊富に含まれているようですよ(^^)それだけじゃありません。なんとこれらの野菜には、アンチエイジング効果もあるんだとか!これは常日頃から加齢と戦う女性にとって、聞き逃せない情報です。

さらには、乳がんの発生リスクを低くする効果があるとも言われています。健康的なバストを維持できて、アンチエイジング効果もある。その上、乳がんの発生リスクも低下するなんて嬉しい限り♪ぜひ毎日食べたいものです。

アブラナ科の野菜を見てみると味にクセがなく、どんな調理法をしてもおいしく食べられるものがほとんど。炒める・煮る・和える・サラダにするなど、いろいろ工夫すると毎日飽きずに食べられると思います(^^)季節によっては、値段が高騰する野菜もあります。安くておいしい旬の野菜を、積極的に食事に取り入れるといいですよ。

足脱毛ひざ脱毛背中脱毛

早寝の女性は肌がキレイ

寝る子は育つといいますが、よく寝る女性は肌がキレイ!皆さん、しっかり睡眠をとっていますか?

美容と睡眠が深い関係にあることは、何となく知っていました。睡眠不足が美容に悪影響だということも、何となく…。知っているといっても、全て何となく。

深い関係とは、どう深いのか。睡眠時間が足りないと、どうして肌に悪いのか。その理由の一つも答えられないなら、何も知っていることにはならない。そう思ったのが、美容と睡眠の関係について勉強するようになったきっかけです。

いつも生まれ変わり続けている肌。肌の生まれ変わりはターンオーバーと言われていますが、それは24時間いつでも行えるわけじゃありません。肌がターンオーバーできるのは、眠っている間だけ。だからキレイな肌を保つためには、睡眠時間を充分にとることが大切なんです。

必要な睡眠時間の長さは人それぞれですが、6時間~7時間が平均的なようです。「そのくらいの睡眠時間ならちゃんととっているから、自分は大丈夫だ」と安心するのはまだ早い。同じ6時間~7時間でも、昼間に寝ていたり早朝から寝始めたりしているのでは、意味がありません。

睡眠時間の長さだけじゃなく、睡眠をとる時間帯もとても重要なんです。肌が一番活発にターンオーバーを行うのは、夜22時~深夜2時とされています。睡眠はいつとってもいいものじゃなく、とるべきときにとることが大切です。

さらに、眠り始めてから3時間の間に成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが起こるといわれています。つまり、美肌を保つためには夜10時には眠りについているのが望ましいということですね。

また、寝る時間が毎日違っていたり熟睡できていなかったりすると、成長ホルモンの分泌が上手くいかないといわれています。成長ホルモンが充分に分泌されないということは、肌のターンオーバーもスムーズにいかないということ。

成長ホルモンの分泌と肌のターンオーバーを順調にするためには、毎日同じ時間に規則正しく眠りたいところです。そうはわかっていても、実行するのは難しい(^^; 今夜は早く眠ろうと思っても、気づけば日付が変わっている毎日です…。

あご脱毛